VIO脱毛をする時、まっさきに考えるのが「VIO脱毛って恥ずかしくない?どんな体勢で脱毛するの、、、」という事じゃないですか?

わたしも実際に最後まで悩んだところでした。VIOを見られるのはちょっと、って。

わたしと同じようにVIO脱毛が恥ずかしくて止まってしまっている方へ、わたしがどんな体勢でVIO脱毛をしたのか?を出来るだけ細かくお伝えしたいと思います。

VIO脱毛は満足度が高いのですが、最初の一歩がなかなか踏み込めないのもわかりますからね!

VIO脱毛はどんな体制で施術するの?

わたしがVIO脱毛をする前に考えていた心配事は、

  • どんな体勢でするのか?
  • ノーパン?
  • 陰部が丸見えの状態?
  • どんな格好で施術するの?
  • Oライン(ヒップ奥)は四つん這い?
  • iラインは股を開いた状態?

こんな不安があって、どう考えても恥ずかしいでしょ、、、と思い込んでいました。Vラインはともかく、oラインとiラインが特に心配でしたね。

ではそれぞれを解説してみたいと思います。

VIO脱毛はこんな体制で施術します!

基本的には仰向けと横向きでの脱毛でした。部位によって少し変わるのですが、専用のショーツ(下着)をつけて、その下着をずらしながら脱毛をしていきます。(Vラインの場合)

中にはタオルや自分でTバックなどの下着を持ってくるように言うサロンやクリニックもあるそうですので、最初の段階で聞いた方が良いでしょうね~。

わたしの場合は専用の紙で出来た下着(紙パンツ)を用意してくれたので、それに着替えてVラインの脱毛をしていました。

問題のiライン脱毛の体制は?

これはわたしの中でも気になっていた部分です。大股開き、、、これしか想像が出来ませんでしたので。

ただ意外や意外、仰向けのまま脱毛は出来るのです。

じゃーどうやって?という事ですが、仰向けの状態から片足を立てて外側に倒していきます。

もちろん専用下着はつけたまま。照射する部分だけ下着をずらして上手に脱毛してくれるんです。だからiラインはほとんど見られる事はありませんでしたね~。

聞いた話では、出来る限り見えないようにしているそうです。でも見える時もあるらしいですけどね(笑)そこは慣れてしまっているので気にならないそうです。

oライン脱毛をする時の体勢や格好は?

これはもう四つん這いしかないでしょ、、、

だってお尻の穴のムダ毛なんで、四つん這いしか思いつかない、、、

いくらキレイにする為、とは言っても知らない人の前で四つん這いになるのはちょっと。

と思っている人もものすごく多いのでは?

でもうつ伏せで脱毛してくれるんですよ!中には四つん這いで施術をするところもあるそうですが、わたしがVIO脱毛をしたミュゼプラチナムではうつ伏せの状態でoラインの脱毛をしてくれました。

もう少し具体的に説明すると、うつ伏せになってタオルで全体を隠します。

そして照射する部分のおしりの割れ目(肉)を持ち上げて広げながら脱毛をするのです。

言うほど恥ずかしくない!と言うのがわたしの印象でしたね~。oラインの脱毛は時間も短いのであっという間に終わります。

VIO脱毛はやっぱり恥ずかしいもの?

最初、想像をしていたVIO脱毛とはまったく違った印象でした。恥ずかしい、、、と思い込んでいて、それだけでも数ヶ月は悩んでいましたけど、思い切ってVIO脱毛の為にサロンへ足を運んで正解でしたね~。

「VIO脱毛=恥ずかしい」

サロンやクリニックにもよるとは思いますけど、まずVIO脱毛は恥ずかしくない!とわたしは思いました。

もちろん100%恥ずかしくない、と言うわけではありませんが、VIO脱毛って恥ずかしさよりも追々の快適な生活の方がメリットが大きいです。

しかもVIO脱毛はそこまで時間をかけて脱毛はしませんので、ひと時の恥ずかしさ?ぐらいで納得出来ます。

★VIO脱毛の気になる痛みは?

その分、痛みはありますけどね^^;

VIO脱毛が恥ずかしくて止まってしまっている人は、ぜひわたしの体験を参考にしてみてくださいね!決して恥ずかしくないのがVIO脱毛ですので。